自転車で行く旅は、行程の自由度や機動性など、多くのアドバンテージがあります。
全ての工程を、自転車だけで走る旅も、もちろん楽しいですが、「輪行」と呼ばれる長距離の移動には、電車や飛行機、バスなどを利用して、自分の自転車を連れていく旅は、自転車の旅の楽しさを大きく広げます。
発売開始以来、その優れた走行性能と積載能力をベースに、着実に進化を遂げてきたTartaruga Type SPORTですが、専用オプションパーツ「イージーフォールディングアダプター」と「イージーローラー」の登場で、「輪行」をお考えの、全ての皆様にお勧めできる、輪行のしやすさを手に入れました。
従来ながらの輪行では、自転車旅の世界が飛躍的に広がる反面、「誰もが楽しむ」と言うには、敷居の高い部分が多々ありました。
Tartaruga Type SPORTを使った「楽らく輪行」は、従来ながらの輪行を実際に行った際に、不便と思われる点を徹底的に分析し、それらの不満点を解決するソリューションを用意しました。
実際に、Tartaruga Type SPORTを使用した「楽らく輪行」を体験された皆様から、賞賛の声を多くいただいています。
次は、あなたご自身で、自転車旅の幅を大きく広げる、Tartaruga Type SPORTを使用した極楽の輪行体験を、お試しください!

注記:輪行時の電車内への折畳み自転車の持ち込み等は、最終的に駅員さんの判断に委ねられています。 ラッシュ時の車内への持ち込み等、状況により持ち込みを拒否される場合もありますので、その際は駅員さんの指示に従ってください。
Travel with Type SPORT
Tartaruga Type SPORT DX orange
輪行を行う際、車両に求められる重要なポイント
クロスバイクや、ロードレーサーを使った輪行と比べ、折畳み自転車を使用した輪行は、一気に輪行の敷居を下げてくれます。
そして、我々は、折畳み自転車で輪行を行う際に、折畳み自転車に求められる、重要なポイントは、次の3点だと考えます。
-折畳んだ後の移動が楽か
-荷物の積載能力が有るか
-車両としての走行性能が高いか
-折畳んだ後の移動が楽か
Type SPORT easy folding
折畳み自転車を使用した輪行を行う際、最も重要な点が折畳んだ後の移動が、楽かどうかという点です。
従来ながらの輪行は、車両の重量をできるだけ軽くして、持運びを楽にしようという考え方が主流でした。
輪行バックに収納した車両の移動は、ストラップ等を使用し担いで移動します。
軽量をうたった折畳み自転車で8s台の商品もあり、確かにその場で持ち上げてみる分には、その軽さを体感できます。
では、その車両を担いで、500m歩いた場合はどうでしょう?
持ち上げた時には、軽く感じた車両が、8s台の「オモリ」を持たされている事になってしまいます。
このポイントこそが、とても重要です。
それでは、折畳んだ後の車両を、コロコロと転がせたらどうでしょうか?
あたかも、旅行用のキャスター付きトランクケースを運ぶように、片手で容易に押して移動できたら、自転車を持った移動が、一気に楽ちんになります。
Type SPORTでは、専用オプションの「イージーローラー」や、「キャリアーカート」を取付ける事で、この「コロコロ移動」が簡単に実現できます。
-荷物の積載能力が有るか
Type SPORT with luggage
自転車のSUVを目指して開発された、Tartaruga Type SPORTシリーズは、十分な荷物の積載能力を基本性能として備えています。
豊富に用意された、純正専用オプションパーツの中でも、「リアキャリアー」には、標準状態で左右に2個のパニアバックを装着できます。
輪行の際、多くの方々がバックパックを利用して、身の回りの荷物を運ばれていますが、背中とバックパックの間は、汗でビチョビチョとなってしまい大きなストレスになります。 パニアバックや、「リアキャリアー」に荷物を積載することで、ストレスフリーの快適走行を楽しめます。
また、専用オプションの「フロントキャリアーB」には、フロントバックを装着できます。
本来、ハンドルに装着するフロントバックを、メインフレームに装着できるため、一眼レフなどの重めの荷物をフロントバックに詰め込んでも、ハンドリングに悪い影響を与えません。
さらに、専用オプションの「フロントキャリアーアダプター」を介して、「フロントキャリアーB」を取付ければ、簡単なQR操作で、「フロントキャリアーB」ごとフロントバックを取り外すことも可能です。 また、前後にたっぷりの荷物を積載した状態でも、小径車のメリットを活かし、重心位置を低く抑えられる為、非常に安定した高速走行が可能です。
-車両としての走行性能が高いか
Type SPORT easy folding
アルミフレームならではの、硬くてしっかりとした剛性感のあるフレームをベースに、独自発想のオリジナルサスペンションを前後に装着し、20インチ(451)の小径車ながら、フルサイズのロードモデルにも引けを取らない、軽くて、速い、しっかりした走行パフォーマンスと、乗り心地の良さを両立した総合的な走行性の高さは、御試乗された全ての方々が驚かれます。
数々の優れたギミックが、注目を集めがちなTartaruga Type SPORTですが、全てはこの独自発想の、乗り物として高い完成度を誇る走行性能がベースにあればこそ活きてきます。

また、その乗り心地の良さは、長距離を走った後の疲労低減にも大きく貢献します。
Tartaruga Type SPORT DX orange
その他、Tartaruga Type SPORTによる輪行の優れたポイント

-適度なサイズと、コンセプト
Tartaruga Type SPORTは、前後輪を外してコンパクトに折畳む「フルフォールディング」と、前輪とハンドルだけを外して簡単に折畳む「イージーフォールディング」の、二種類の折畳み形態が用意されており、状況に応じて選択可能です。

折畳んだ際のコンパクトさを優先したい場合は、
「フルフォールディング」して専用オプションの「輪行バック」に収め、ストラップを使用した従来の持ち上げ移動か、専用オプションの「キャリアーカート」を使用した楽々移動が可能です。
「イージーフォールディング」を行ったTartaruga Type SPORTを横から見ると、それなりのサイズになります。
しかし、上から見た状態は、幅約36pと、とても薄く折畳まれている事が特徴です。
この薄さが、実際に輪行を行った際に、実はとても有効です。
例えば、専用オプションの「イージーローラー」を装着して、押しながら駅の自動改札を通過する場面を想像してみてください。
あたかもキャスター付きのバックを押しながら通過するのと同様に、ス〜と通り抜ける事が可能です。
新幹線を利用した輪行を行う場合、新幹線の各車両最後部座席と壁の間にあるスペースに、「イージーフォールディング」を行ったTartaruga Type SPORTなら、車両にもよりますが、2台を収納する事が可能です。
このスペースは、人気スペースの為、すでに誰かがバックやトランク等を置いていたとしても、その隙間に、「イージーフォールディング」を行ったTartaruga Type SPORTを、収納できる可能性が高いという事でもあります。
収納する際も、専用オプションの「イージーローラー」を装着してあれば、横からス〜と押してあげるだけで、収納できます。
Tartaruga Type SPORT DX orange
転がし移動時の安定感
Type SPORT専用「イージーローラー」を装着したTartaruga Type SPORTの様に、小さなキャスターホイールを使用して、コロコロと押して移動できる折畳み車両も増えてきていますが、これらの製品と比較すると、Tartaruga Type SPORTの方が移動時の車両が、とても安定している点に皆驚かれます。
一般的に、折畳み時にコロコロと押して移動できる折畳み車両には、ベアリングを内蔵したインラインスケーター用のホイールが多く用いられています。
このホイールは、ベアリングを内蔵している為、転がり性能自体はとてもスムーズな反面、跳ねる傾向にあります。
平滑な床面を移動する場合は、とてもスムーズに転がす事が可能ですが、少しでもデコボコのある場所を移動すると、途端に右へ左へ車両が暴れ出し、暴れる車両をねじ伏せながら押し移動をする事になります。
Tartaruga Type SPORT専用「イージーローラー」に採用している特殊なキャスターホイールは、この跳ねを吸収して、多少デコボコした路面でも、実質的にスムーズに転がして移動する事が可能です。
Tartaruga Type SPORT ULTEGRA
電車利用での輪行の様子

新幹線の最後部座席と壁の間にあるスペースに、
「イージーフォールディング」を行ったTartaruga Type SPORT 2台を収納しています。
Type SPORT DX orange
アレンジ型対面シートの、シート間に「イージーフォールディング」を行ったTartaruga Type SPORTを収納しています。
Type SPORT SD orange
飛行機利用での輪行の様子

注記:国内線の場合です。
路線により使用機材の都合で車両を預けられない場合も有りますので、事前確認をお勧めします。

飛行機を利用した輪行を行う場合、チェックイン時に車両を手荷物として預ける事になります。
その際、万が一搬送時にダメージを受けても、航空会社が免責となる事に、同意する必要があります。
ANAをご利用の場合、「フルフォールディング」したTartaruga Type SPORTがすっぽりと入る、汎用のボックスを無料で利用できます。
飛行機輪行時の車両ダメージの不安が、一気に低減されます。
Type SPORT SD white

Type SPORT DX blue

Type SPORT DX brown
到着空港での手荷物受け取り時の様子
Type SPORT DX brown
イージーフォールディングを行ったTartaruga Type SPORTも、そのまま預ける事が可能です。
Tartaruga Type SPORT ULTEGRA
バスでの輪行の様子

多くの高速バス会社では、自転車を荷物として預ける事を禁止しています。
まれに、認めている会社もありますので、事前に確認してください。
空港リムジンを利用する場合は、殆どの路線で利用可能です。
空港リムジンを利用する際は、原則バスのカーゴスペースに預ける事になりますが、すいているバスの場合、運転手さんの判断で車内への持ち込みが可能な場合もあります。
その場合、補助席の付いている二列シート側に、「イージーフォールディング」を行ったTartaruga Type SPORTも、ちょうど収まります。